あたたかな花束



私が毎年カレンダーの絵を描いている障害者団体からこんなかわいい花束が届きました。

色とりどりの画用紙で出来た手作りのかわいい花たち

封を開けて一気に春が飛び込んできた。


なんと裏返すと、その団体に送られてきたカレンダーへのメッセージ!

一つ一つ丁寧に読ませていただいてまた胸が熱くなる。


2006年から描き始めて今年で15年…


振り返ると、毎年毎年悩みながら、上手く描けたなって思った時もあるし、残念ながらそうで無く後で悔いが残る作品も正直多々ある。それでもこうしていただいたメッセージを読ませて頂くと、それぞれの方の、それぞれの日々にカレンダーが寄り添って、私の絵もそれなりにその方の人生に花を添えてたのかなって思うと嬉しい。そして、こうして絵を描かせて頂いてきた事に今更ながら感謝しています。


実は来年度の制作はまだ始めていないのですが、その来年度をもって次の世代の方に絵をバトンタッチする事になりました。あと一年だと思うとやりきれなかったこと、表現しきれなかったこと、自分の未熟さを痛感する日々ですが、そんな私をいつも励ましてくださってた今までカレンダーに携わって来られた方、毎年楽しみに買ってくださっている方々、全てのスタッフ、私から見えない花束を一人一人に贈りたい気持ちでいっぱいです。


ありがとうございます。

この花束見て最後までがんばりますね。